【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-

【ストレス解消方法】お風呂で癒そう

お風呂はストレス解消だけでなく、適応障害による緊張感や疲れを癒すのにも効果があります。
シャワーだけで済ますのではなくて、バスタブにつかりましょう。
40℃以下のややぬるめのお湯につかると、副交感神経の働きを促し、心身ともにリラックスできます。眠る前などもぬるめのお湯につかると、寝付きやすくなります。
ストレス解消にオススメの入浴方法について、いくつかご紹介します。

■半身浴:
38〜40℃くらいのお湯に、少し長めの30分程度、胸から下の下半身をつける方法です。
肩が寒い時には、タオルをかけておくといでしょう。
半身浴は、血行が良くなり、筋肉を弛緩させて身体的な疲れも癒してくれます。
半身浴は上半身が空きますので、本などを読みながら行うのもよいでしょう。

■肩までつかる:
肩までしっかりとつかると、浮力を受けて体が軽く感じるため、リラックスできます。
ただし、水圧がかかるので、心臓の弱い方や高血圧の方には向いていません。

■横たわってつかる:
お風呂が広かったり、旅行先などで大きなお風呂に入る時には、バスタブの端に頭を置いて横たわるようにして水の上に浮いてみましょう。
浮いていることの気持ちよさや体の軽くなる感覚は、リラックス効果抜群です。
また、水圧も肩までつかるほどはかからないので、全身をひたすわりに心臓などへの負担も軽くてすみます。

その他、好みの入浴剤を入れたり、キャンドルを浮かべてみたり、アロマオイルを入れるなどするのもよいでしょう。ラベンダーのアロマオイルを入れた入浴は、リラックス効果が高く、睡眠を誘いますので、寝る前の入浴にオススメです。
また、入浴しながらマッサージをしたり、ツボを押したりするのも良いでしょう。
体が温まって血行がよくなっているので、より効果が上がります。

【適応障害治療】口コミ・人気ランキング

1位 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・メディア掲載多数!数多くの出版もしている心理カウンセラー下園さんによる、実績十分の「うつから最短で抜け出す方法」。DVDプログラムなので、自宅でできるのも人気 の秘訣♪
・心がスっーと軽くなったある方法とは?!まずは皆様の喜びの声をお聞き下さい!
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

2位 うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル
・意外と知られていないうつ病による障害年金を受給する方法です。
・知っているだけで間違いなくプラスになりますので、本格的な療養生活を送ろうとされている方やうつ病患者のご家族の方は是非ご参考にして下さい。
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

3位 うつ克服法!「笑顔がみたい」〜心と身体の秘密→メンタルトリニティー
・「病院に通ったが全く良くならない」「薬を飲むには抵抗がある」そのような方は、まずこのサイトをご覧下さい。薬などに頼らず、30日間でうつが改善する方法とは?!
・人気度:☆☆☆☆                    >> 詳細はコチラ




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2014 【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-  All Rights Reserved.