【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-

【誰にでも起こりうる適応障害】適応障害の予防

適応障害の予防として一番大切なのは、原因となるストレスを溜めないことです。ストレスを感じ出すと、どんどん負のスパイラルで悪いほうへ悪いほうへ考えが向かいがちです。そこで、ストレスがあると感じる時には、自分でストレスがひどくならないように意識して考え方や行動を変えることが必要です。

もし、すでにストレス状態にあるようでしたら、まずは考え方から変えましょう。
「こんな失敗をした」という場合であれば、自分がこういう性格だからいけないのだ、と考えるとストレスになりますが、それを糧に今後気をつけようと前向きに考えましょう。

「こんなことを言われた」という場合であれば、あの人がああいう性格だからいけないのだ、と考えるとストレスになりますが、この言葉から自分のためになることを探したり、相手の状況を慮ると、その言葉からまた違う捉え方ができるかもしれません。
「こんな嫌なことがあった」という場合であれば、そういえばこんなこともあんなこともと考えるとストレスになりますが、他の場面で楽しい出来事もあったはずと考えて見ましょう。

ストレスを感じる事柄に出会った時、それのみにとらわれるのではなく、その他の事柄を思い出してみると、嫌な事柄しかないといったことはないはずです。
つまらなく感じたり、寂しかったり、悲しかったり、悔しかったりする時もあれば、楽しく幸せな時もあるはずです。

ストレスをためないような行動としては、以下のようなものがよいでしょう。
ストレスがたまらなければ、適応障害にはなりません。

■生活習慣を整える:
早寝早起きや規則正しい食事などを心がけましょう。
体調がよいと、気分もよくなります。

■会話をする:
自分の愚痴や不満などを、家族や友達などに聞いてもらいましょう。
話をするだけでストレス解消ができます。

■趣味や外出をする:
ストレス要因となりがちな仕事や学校や人間づきあいとはまた違う場所で、それらを忘れられる時間を作りましょう。

【適応障害治療】口コミ・人気ランキング

1位 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・メディア掲載多数!数多くの出版もしている心理カウンセラー下園さんによる、実績十分の「うつから最短で抜け出す方法」。DVDプログラムなので、自宅でできるのも人気 の秘訣♪
・心がスっーと軽くなったある方法とは?!まずは皆様の喜びの声をお聞き下さい!
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

2位 うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル
・意外と知られていないうつ病による障害年金を受給する方法です。
・知っているだけで間違いなくプラスになりますので、本格的な療養生活を送ろうとされている方やうつ病患者のご家族の方は是非ご参考にして下さい。
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

3位 うつ克服法!「笑顔がみたい」〜心と身体の秘密→メンタルトリニティー
・「病院に通ったが全く良くならない」「薬を飲むには抵抗がある」そのような方は、まずこのサイトをご覧下さい。薬などに頼らず、30日間でうつが改善する方法とは?!
・人気度:☆☆☆☆                    >> 詳細はコチラ




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2014 【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-  All Rights Reserved.