【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-

【誰にでも起こりうる適応障害】適応障害が疑われる時は

たとえばめまいや吐き気、食欲不振や頭痛、不眠などといった身体的な不調が出た場合、まず内科で受診する方が多いでしょう。しかし、内科で問題はないと診断されることがあります。適応障害かどうかは、内科ではわかりません。適応障害による身体的な不調は、精神科で見てもらわなければなりません。

もし、身体的な不調があるのと同時に精神的な不調も感じていて、またそれらの背景にストレス要因があることが明らかなのであれば、適応障害を疑ってみる必要があります。もし、内科に行っても身体的な不調が改善しなかったり、ストレスを受けると悪化するという場合には、適応障害の可能性を疑い、精神科を受診してみましょう。

精神科に通うことはなんとなく恥ずかしいと思われる方もいらっしゃるようですが、なんら恥じることではありません。適応障害をほうっておくと、うつ病や神経線胃炎になることもありますし、また自分自身もつらく苦しいものですので、早期に治療しましょう。

もし、精神科で適応障害ではないといわれても、精神的または身体的な症状が改善しない時には、セカンドオピニオンを行いましょう。2件目以降の病院で適応障害と診断されることもあります。

精神科で適応障害であると診断されれば、きちんとカウンセリングやセラピーなどの精神療法や病院による薬などの治療を受けましょう。カウンセリングやセラピーなどの精神療法によって、ストレスの受け止め方を改善しておくと、適応障害の完治とともに、ストレス要因の減らし方を習得でき、以後の適応障害の予防にもなります。適応障害は必ず治りますので、通院を始めたら自己判断で勝手に途中で止めたりせず、完治するまで治療しましょう。

【適応障害治療】口コミ・人気ランキング

1位 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・メディア掲載多数!数多くの出版もしている心理カウンセラー下園さんによる、実績十分の「うつから最短で抜け出す方法」。DVDプログラムなので、自宅でできるのも人気 の秘訣♪
・心がスっーと軽くなったある方法とは?!まずは皆様の喜びの声をお聞き下さい!
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

2位 うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル
・意外と知られていないうつ病による障害年金を受給する方法です。
・知っているだけで間違いなくプラスになりますので、本格的な療養生活を送ろうとされている方やうつ病患者のご家族の方は是非ご参考にして下さい。
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

3位 うつ克服法!「笑顔がみたい」〜心と身体の秘密→メンタルトリニティー
・「病院に通ったが全く良くならない」「薬を飲むには抵抗がある」そのような方は、まずこのサイトをご覧下さい。薬などに頼らず、30日間でうつが改善する方法とは?!
・人気度:☆☆☆☆                    >> 詳細はコチラ




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2014 【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-  All Rights Reserved.