【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-

【適応障害を知ろう】適応障害の予防

ストレスは誰にでもありますので、適応障害は誰もがなる可能性があるものです。しかし、適応障害になりにくくするように予防することは可能です。適応障害の予防には、ストレスに対処する方法を身につけることがポイントです。

まず、自分がストレスにうまく立ち向かえるようになることも大切です。 過度なストレスによって、心が折れてしまうことは仕方のないことですし、適応障害やうつ病になる方は精神面が弱いというわけではありません。

しかし、同じ状態で症状が出る人と出ない人がいるのは、ストレス要因に対する考え方や感じ方の違いによるものも大きいので、ストレスに強い考え方になることで楽になれることがあります。ストレスに対してただ受身でいるのではなく、自分がストレスをコントロールすることを心がけましょう。同じ事柄でも考え方を変えることで、ストレスではなくよい刺激になることもあります。ストレスに強くなることで、生きるのが楽になるかもしれません。

また、明らかにストレスがたまりそうだということが予想できることもあるでしょう。たとえば、入学や入社、転勤や転職や引越しなどといった新しい環境が始まる時や、これまでと違ったことをするときや仕事量が増えたとき、別れやトラブルなどで人間関係に変化があったときなどは、誰しもストレスがたまりがちです。

そのような時は、積極的にストレスを発散させるようにしましょう。ストレス発散方法はなんでもよいので、自分の趣味や旅行などしたりして、楽しくすごしましょう。また、精神的にも肉体的にも疲れているときにはストレスがたまりますので、適度に休養をとるようにしましょう。仕事で疲れているときには、たまにお休みをいただいてもよいかもしれません。

その他、日ごろからストレスをためないようにすることも大切です。がんばりすぎずに休養をとったり、気分転換をはかるようにしたり、楽しい時間をすごしたり、自分自身に優しく、生真面目で自分に厳しい方は時には甘くなってもよいでしょう。

周りの人との付き合いも重要です。対人関係のトラブルは大変なストレスになりますが、家族や友人たちとうまく付き合い、相談相手になってもらえる環境にあれば、一人で思い悩むことも少なくてすむでしょう。上手に人付き合いができるコミュニケーション能力を身につけると、トラブルに巻き込まれた時やストレスがたまった時でも、一人で解決できないことも切り抜けられるかもしれません。

【適応障害治療】口コミ・人気ランキング

1位 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・メディア掲載多数!数多くの出版もしている心理カウンセラー下園さんによる、実績十分の「うつから最短で抜け出す方法」。DVDプログラムなので、自宅でできるのも人気 の秘訣♪
・心がスっーと軽くなったある方法とは?!まずは皆様の喜びの声をお聞き下さい!
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

2位 うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル
・意外と知られていないうつ病による障害年金を受給する方法です。
・知っているだけで間違いなくプラスになりますので、本格的な療養生活を送ろうとされている方やうつ病患者のご家族の方は是非ご参考にして下さい。
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

3位 うつ克服法!「笑顔がみたい」〜心と身体の秘密→メンタルトリニティー
・「病院に通ったが全く良くならない」「薬を飲むには抵抗がある」そのような方は、まずこのサイトをご覧下さい。薬などに頼らず、30日間でうつが改善する方法とは?!
・人気度:☆☆☆☆                    >> 詳細はコチラ




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2014 【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-  All Rights Reserved.