【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-

【適応障害を知ろう】適応障害とうつの違い

適応障害は、ストレスを受けることで憂うつ感や不安感を抱き、具合が悪くなるもので、こう説明するとうつ病と似ているように思われます。うつ病も憂うつ感の強くなった病気です。 ストレスによって調子を崩した人が適応障害なのかうつ病なのか、どこで判断するのかは難しいように思えますが、実は適応障害とうつ病の違いはあいまいになっているようです。 うつ病の診断基準から外れるけれども、憂うつな気分で具合の悪い人を適応障害と診断する場合もあるようです。 また、近年うつ病の患者が増えているといわれていますが、その中には適応障害を疑うような患者も多いのではないかという話もあります。

適応障害は、うつ病の患者よりは症状が軽いようにみられる場合が多く、うつ病の手前であるという言われ方もしています。 具体的に、適応障害とうつ病それぞれについてご説明します。

適応障害は、明確なストレス因子によって憂うつ感や絶望感、身体の不調や問題行動を起こすものです。 適応障害にははっきりとストレスの原因となるものがあり、それに対する反応で精神的に具体の悪くなるものです。

ストレスの原因が始まってから、3ヶ月以内に症状がひどくなります。 適応障害は、ずっとその症状が続いているものではなくて、ストレスの原因がないところでは普通に過ごすことができます。もし職場での人間関係がストレスの原因だとすると、自宅にいたり友人と過ごす時間は、普通でいられます。 適応障害を治すには、ストレスの原因を取り除くことが効果的で、ストレスの原因がなくなれば6ヶ月以内で症状が治まるものです。

うつ病は、適応障害と同じくストレスによってどんな人でもなる可能性があります。 うつ病は心の問題と思われがちですが、食欲不振や不眠など体の調子も悪くなります。 特に身体的な病気はないのに、体調も精神的にも具合が悪く、日常生活に支障がでる状態です。 うつ病と適応障害の違いは、発症する原因や発症している間の状態、脳の状態にあります。うつ病もストレスが原因となることが多いのですが、必ずストレスが原因である適応障害と違って、原因がはっきりわからない場合にもなりうるという点が異なります。

軽度のうつ病は適応障害と似ているように思われますが、うつ病はストレスの原因がないところにおいても、抑うつ気分になり、趣味や楽しみといった事柄にも関心がなくなってしまいます。 また、うつ病は、大脳辺縁系などに障害が起こります。大脳辺縁系は、生物が生きていくために必要な感情や記憶などといった機能を担っていて、本能行動や情緒の元となる役割を持っています。

その部分に障害が起こるため、うつ病では感情がうまく感じられなくなってしまいます。 これらの症状から、うつ病を治すには、ストレスの原因を取り除くだけでは不十分で、薬や休養など脳の障害を治すための治療が必要です。

【適応障害治療】口コミ・人気ランキング

1位 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・メディア掲載多数!数多くの出版もしている心理カウンセラー下園さんによる、実績十分の「うつから最短で抜け出す方法」。DVDプログラムなので、自宅でできるのも人気 の秘訣♪
・心がスっーと軽くなったある方法とは?!まずは皆様の喜びの声をお聞き下さい!
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

2位 うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル
・意外と知られていないうつ病による障害年金を受給する方法です。
・知っているだけで間違いなくプラスになりますので、本格的な療養生活を送ろうとされている方やうつ病患者のご家族の方は是非ご参考にして下さい。
・人気度:☆☆☆☆☆                   >> 詳細はコチラ

3位 うつ克服法!「笑顔がみたい」〜心と身体の秘密→メンタルトリニティー
・「病院に通ったが全く良くならない」「薬を飲むには抵抗がある」そのような方は、まずこのサイトをご覧下さい。薬などに頼らず、30日間でうつが改善する方法とは?!
・人気度:☆☆☆☆                    >> 詳細はコチラ




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2014 【適応障害@情報ガイド】 -症状・治療・チェックなど-  All Rights Reserved.